岡山流通株式会社のサービスService

岡山流通株式会社の提供するサービスは運送会社様・荷主様それぞれのお悩みを解決できるサービスです。サービスから得られるメリットをよりご理解いただくために、このページでは岡山流通株式会社の仕組みを具体的にご紹介します。

運送会社と荷主のマッチング

運送会社様・荷主様、お互いの悩みを無くし、最適なマッチングを行うのが岡山流通のサービスです。荷主様は自身の持つ荷の種類・形状に合う車両・行いたい運送の路線を求めて求車します。運送会社様は、車両に合った荷の種類・形状を求め、あるいは実車率を向上させるため、求荷します。両者の悩み解決し、ご要望を実現するため、適正なマッチングを行うのがサービスの始まりです。

弊社以外にも、求荷求車情報を取り扱う会社・ホームページはいくつかありますが、岡山流通株式会社では、岡山発着の求荷求車情報を主に取り扱っています。そのため、岡山発着の情報を他社よりも豊富に所有しています。

また、多くの求荷求車情報により価格にとらわれず、路線等、本当に困っている荷主様の依頼を達成するため、価格競争の激化を緩和することができます。同時に受注後の多段階構造を無くすことで運送会社様の利益を最大化することができます。

ご連絡を頂ければ運送会社様の条件に合わせた最適な荷を弊社スタッフが探し出します。

ITを駆使し、最適な荷を選出

岡山流通株式会社では、荷に関する情報をITの技術を駆使し蓄積しています。過去の荷役条件や、スタッフ自身足を運んで得た荷の情報を蓄積することで、該当する荷に最適な車両を瞬時に検索できるようになっています。これにより、荷と運送会社のミスマッチを無くし、運送会社様にとってストレスのない路線・荷を運送していただけます。

ITを駆使し求荷情報と求車情報をしっかりと管理することで、荷を最適に配分し空車の時間を削減します。もちろん帰り車についてもサポート致しますので、運送会社様にとって効率の良い運送が可能になります。

徹底的に運送をサポート

IT技術により蓄積した情報には荷の特性他、構内注意事項、商品取り扱い事項(含む架装)が含まれます。初めての運送会社様にもより安心してご利用いただけるよう、これらの蓄積した情報ををお知らせしています。

荷の積み込み時のポイント、目的地までの誘導だけでなく、目的地に到着した後の構内誘導(どの建物・部署の誰を尋ねれば良いか等)等、これら全て岡山流通株式会社がサポート致します。事前に荷に関する情報を学んだ上で運送を開始できるため、どうぞご安心ください。

運送会社様のこんなお悩みを解決します!!

01. 新規顧客に向けた営業が難しい

運送業界では、既に他会社に顧客化されたメーカーに対する新規営業が難しいといわれます。

メーカーは運送会社と一度取引を開始すると、その後何かしらの問題がなければ同じ会社に運送を依頼し続けます。そのため、運送会社の多くは固定客から大半の仕事を受注するといったケースが多くあります。これは、業界全体の体質であり、それぞれの企業単体で変えられる物ではありません。

このような背景から、他社が既に取引しているメーカーに営業をかけてしまうと、周囲から冷たい視線を向けられることもあります。価格競争の激化する近年、仕事が減ってしまった運送会社もおられます。

業績回復・業績UPのために仕事を増やしたいが、「どのように営業活動をすれば良いのか、分からない」、「新規営業を行いづらい」と感じている経営者様・営業さんも多いのではないでしょうか?岡山流通株式会社は、そんなあなたに代わってお仕事を受注します。

02. 対応の難しい路線を依頼された

既存のお客様から、自社では普段取り扱わない路線を依頼された際に困ったことはないでしょうか?

例えば普段岡山県~近畿圏の範囲で運送を行っている会社が、岡山~関東圏の運送を依頼された場合、岡山発の路線では荷があっても、帰りの路線では空車となってしまい、実車率が低下してしまいます。このように自社が運送しない路線を依頼された場合、非常に効率が悪くなってしまいます。

しかしながら、運送会社にとって大変重宝すべき固定客の依頼を断る訳にはいきません。帰り車の事も考慮し、メーカーに対し往復の運送費を見積もることもあるでしょう。どちらにせよ、無理にでも運送の依頼を受ける会社も多いのではないでしょうか?

岡山流通株式会社では、岡山発着にこだわっていることから、岡山発の帰り荷(帰り車)についても情報を収集しています。反対に他県発岡山着の運送を行った場合にも、帰り車に荷を割り振ることが出来るため、空車の状態を減らすことができます。

03. 保有する車両に適さない荷の運送を依頼された

自社の所有する車両では運べない、あるいは運びづらい荷物の種類・形状があるはずです。例えば、温度調整が必要な商品であったり、卸し先に荷卸し設備が無い場合のように、特殊な車両での輸送案件であれば、自社が所有している車両に合わなければ、せっかくの依頼を断らねばならない事もあります。

また「2対応の難しい路線を依頼された」と同じく断れない状況を踏まえ、他社に外注する企業も多いはずです。

この場合は、同業者とのネットワークを形成しておく必要がある他、管理者の作業も増えてしまいます。ネットワークの構築には時間がかかる上、方法が分からないといった運送会社様も多いはずです。岡山流通株式会社は、貴社に最適な荷、車両を探すことで貴社の運送に貢献します。

04. 競合が多く価格競争が進行する

「輸送費」はメーカーにとって最もネックであり、同時に最も削減可能な勘定科目です。製品の「製造」とは関係のない「運送」に関する価格であるためです。可能な限り削減したいのが、メーカーの本音です。

自由競争が激化することで既存客を失ったりはしてないですか?岡山流通株式会社では、路線等価格以外の面で、本当に困った運送を主体として取り扱っています。「適正な価格で運送を行う」が弊社の目指すビジョンです。

05. 突然のキャンセルに対応できない

運送当日あるい運送予定日の数日前に「製品の製造が無くなってしまったから運送は無しで」等、メーカーから伝えられた経験はありませんか?この場合、沢山の顧客を獲得していたとしても、キャンセル日に荷があるとは限りません。もしその他の荷を見つけ出すことが出来なければ、空車となってしまい効率が下がってしまいます。

岡山流通株式会社では、急遽空車になった場合でも、荷が手配できるよう全力でサポート致します。